国土交通大臣杯 全国離島交流中学生野球大会

離島甲子園

野球を通じて「島」と「島」の交流を。

離島甲子園とは

開催趣旨

全国離島交流中学生野球大会(通称「離島甲子園」)は、「まさかり投法」により通算215勝、「野球の殿堂」元プロ野球ロッテオリオンズ投手であり、プロ野球名球会会員の村田兆冶さんによって提唱された大会である。
離島の次世代を担う人材を育成することを目標に、全国の離島を巡り開催している。

平成20年から全国の離島の中学生が一堂に会し、野球を通じて交流することにより、人間形成や地域振興に寄与することを大会の目的としています。
参加チームはトーナメント形式で優勝をめざします。
敗者となったチームは交流戦をおこないます。
また、村田兆治さんを中心に結成されたプロ野球OBが結成した「まさかりドリームス」による野球教室なども開催されます。

■目的

地理的環境から島外との交流機会の少ない全国の離島の中学生が一堂に会し、野球を通じて「島」と「島」の交流を図ることにより、新たな人間形成や健全な青少年・少女の育成を促進することで、将来を通じた離島地域の振興に寄与することを目的とする。

離島甲子園とは

開催の様子

お問合わせ先

大会全般
国土交通大臣杯 全国離島交流中学生野球大会事務局(株式会社スクールパートナーズ内)
TEL.042-739-6622
E-mail:rito-koshien(※)sclpa.jp
(※)を@マークに変更してください。
開催
全国離島振興協議会 TEL.03-3591-1151